亀岡をめぐるコース

鍬山神社

丹波国分寺跡

稗田野神社

石田梅岩誕生地

谷性寺

穴太寺は西国三十三所の第二十一番札所です。慶雲二年(七〇五)文武天皇の御世に大伴古磨によって創建されました。庭園も素晴らしく秋の紅葉は見事です。。大きな銀杏があって、落葉の頃は一斉に葉が落ちるので、まるで黄金の絨毯が敷き詰められてるよです。また、なで仏と呼ばれる仏さんがお布団に入って横になっています。自分の悪いところを撫で、撫で返すと病が治ると伝えられています。ちなみに私の父も大腸がんの手術の前に撫でさせてもらったせいか、現在も元気に暮らしています。このお寺の近くに金剛寺があります。円山応挙が9歳の頃入門していて、応挙の作品が11月に特別公開されています。

七谷川桜

亀山城石垣

丹波七福神巡り

夜の出雲大神宮

篠村八幡宮

円山応挙ゆかりの金剛禅寺

亀岡では朝晩冷え込む季節になると、冷たい空気がたまった亀岡盆地では水蒸気が発生して、上から見ると雲の海のように見えます。医王谷(俳優丹波哲郎さんの御先祖様がそこで薬草を作られてた)の竜ケ尾山に霧のテラスができました。そこから雲海が見れます。昼間は田園風景が広がってまた違った景色が楽しめます。パラグライダーのテイクオフ台もあるので、運が良ければパラグライダーをされてる方の遭遇します。

保津川は亀岡流域の保津地区から保津峡の区間の呼び名です。正式な名は桂川、またの名を大堰川とも呼ばれています。ここでは保津川下り、トロッコ列車、ラフティング、観光馬車など盛りだくさんです。川下りとは、下流にある京都、大阪に物資を輸送をしていました。明治28年頃から遊船として観光の川下りと変化したのです。

出雲大神宮

 

刀体験、見学